Barrel(4)

ここんとこ雪深く積もる山に渋滞に巻き込まれながら仕事に出かけたり、
弊社のナンバー3(4スター!!)が来るためにお出迎えの訓練があったりと
なかなか趣味のことやる時間が取れなかった。

久々に加工中のバレルを引っ張り出す。
小傷が多いのと現況確認でサーフェーサーを買ってきて吹く。
サーフェーサーなんて使うの20年ぶりくらいか。
いつも時間かけて磨き仕上げまで持っていってたからな。



やはりところどころプラリペアのすやら小傷が残っているな。
黒い瞬間接着剤で埋め、硬化促進剤を吹き付ける。



ここのところ手を動かしていなかったから忘れていたが、
細かい部品にエッジを立てる時は荒めのペーパーで一気に立てて
あとは番数を上げながらエッジを殺さないようにしなければならない。
今回はおっかなびっくり高めの番数でこすっていたからフォルムが崩れてしまった。
激しく猛省しながらペーパーがけしていく。



とりあえず修正終了。
もっかいサーフェーサーを吹いて調子を見る。
今回はまあまあOKかな。



フロントサイトは結局、前回複製したものが使えなかったので
3mmのABS板から切り出し、実銃の写真を見ながら削りだして
溝やすりでセレーションを入れた。
とりあえず仮止めしてみる。





なんからしくなってきたかな?
形になってくると俄然モチベーションが揚がってくる。

次は初挑戦、手彫りの刻印かな。
実銃の写真からフォント起こさないとな。






同じカテゴリー(Toygun)の記事画像
My gun's memory ~COLT PYTHON STAINLESSと『ペインテッド・デザート』
ビアンキライトニンググリップ
ブルドッグ
Japanese Police
Victory Show
A postscript of Stansfield`s revolver
同じカテゴリー(Toygun)の記事
 My gun's memory ~COLT PYTHON STAINLESSと『ペインテッド・デザート』 (2018-04-28 13:22)
 ビアンキライトニンググリップ (2018-04-15 16:25)
 ブルドッグ (2018-02-09 12:41)
 Japanese Police (2014-05-01 16:19)
 Victory Show (2014-03-31 19:44)
 A postscript of Stansfield`s revolver (2014-03-22 22:49)

2012年03月11日 Posted by アリ  at 22:12 │Comments(2)Toygun

この記事へのコメント
うごごぉぉ!!!
フロントサイト、、小さいのにイチから作ってる!
大変そう・・・(汗)

手彫り刻印は、皆さんがやってる方法なら、根気と気力があればOK
だと思う。。 私は途中で根気が無くなるwww
Posted by 塔四郎 at 2012年03月11日 22:21
>>塔四郎さん
早速のコメントありがとうございます。
本当は皆さんみたいにアルミ板から削りだして、
脱着可能にした上でバレル固定用スクリューを仕込みたいのですが
果たしてそこまで気力が保つかどうか…。

刻印、諸先輩方を見習ってチャレンジしてみます!
Posted by 兵隊アリ at 2012年03月11日 22:50
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。