Barrel(2)

一晩置いてから作業続行。
今度は直径12mmのパイプを適当な長さに切断する。
そのパイプを縦割りして上部の欠けた状態にする。


エキストラクターロッドが入る部分を切り欠く。


前述のニューナンブ変身キットから切り取ったバレルラグ(エキストラクターロッドの受け)を
整形してパイプの中に仕込み、ABS接着剤でバレル本体に溶着する。

乾いたらいつもの「黒い瞬間接着剤」を使って接合部に肉盛をする。

アルテコの硬化促進剤を使っているのであっという間に固まって作業の進捗が進む、進む。

固まったらやすりで整形。今まで埋めたところなどにヒケがあったらそれも瞬着で埋めていく。

ある程度で金やすりをやめ、スピンやすりを使って細部のディテールを整えていく。

とりあえず今日は嫁の買い物に付き合うためここまで。



今週中にあらかた出来るといいなぁ。




同じカテゴリー(Toygun)の記事画像
My gun's memory ~COLT PYTHON STAINLESSと『ペインテッド・デザート』
ビアンキライトニンググリップ
ブルドッグ
Japanese Police
Victory Show
A postscript of Stansfield`s revolver
同じカテゴリー(Toygun)の記事
 My gun's memory ~COLT PYTHON STAINLESSと『ペインテッド・デザート』 (2018-04-28 13:22)
 ビアンキライトニンググリップ (2018-04-15 16:25)
 ブルドッグ (2018-02-09 12:41)
 Japanese Police (2014-05-01 16:19)
 Victory Show (2014-03-31 19:44)
 A postscript of Stansfield`s revolver (2014-03-22 22:49)

2012年02月19日 Posted by アリ  at 21:09 │Comments(2)Toygun

この記事へのコメント
うひゃ~! 現行型のブルバレルですね♪
私も作りたいと思ってたのですが、完全に先越されてしまいました~(;^_^A
ボディーガードからセンチニアル化も素晴らしいです。
Posted by あじゃ at 2012年02月20日 00:38
>>あじゃさん
いやあ、お恥ずかしい(笑)
正直制作途中の写真を出すか迷いました。

これを作ろうと思ったのはあじゃさんのパフォーマンスセンターに
触発されたからです。
あじゃさんのように綺麗に出来るか不安ですが
大好きな銃なので頑張ってみます。
Posted by アリアリ at 2012年02月20日 11:52
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。