ブルドッグ

MULEの44ブルドッグを手に入れた。

昔発売予告段階から予約を入れて、
発売後すぐに入手していたのだが
期待と裏腹に、きっちりかっちり
作ってはあるものの感動が薄くて
なんとなく金欠の時に手放してし
まった経緯がある。

今回は大分くたびれてはいるものの

付属品としてHKSのローダー×3や
ダブルキャップ、トリプルキャップ
用のカート、ダミーカート2種類
などおまけが豪華だったので中古
ながらオクで手に入れたのだった。


手にしたはいいものの、やはり何故か
パッとしない。このままではまた手
放してしまいそうだったので、実物
グリップをおごってみた。


このグリップが良かった!!
ブルドッグを最初に見た時着いて
いたのがこれだったので、純正の
グリップだとなにか違和感を感じ
たのだろう。イメージぴったりだし、
なによりグリップ感がいい!
昔Gun誌のレポートにあった、
「丸くてゴロッとしてるけど、
握った感じがピタリときて、
44のリコイルもコントロール
しやすい」という表現がよく
わかった。
チェッカーは立ってるし、お尻に
打痕がひとつあるだけで、安く
手に入れられたのはラッキー
だった。


しかしグリップ変えたら今度は
マットの質感が気になりだした。
やはりブルドッグはブルー、しかも
チープな感じの仕上げがそれらしい。

ブルーイングは初めてだったけど
カッコいいブルドッグ見たさに
頑張ってみた。

ところどころ小汚ないけど(笑)、
逆にイメージ通りのブルドッグに
なった。

細かい所がくすんでいるのが、
いかにもな感じでしょ?

それでも一応シリンダーの映り込み
はするくらい磨いてはいる。


これでお気に入りになった!
愛着も湧いて、絶対手放さない1丁
になった。ぴったりのインサイドも
手に入れたし、これから僕の腰で
静かに存在感を発揮してくれるだろう♪








同じカテゴリー(Toygun)の記事画像
My gun's memory ~COLT PYTHON STAINLESSと『ペインテッド・デザート』
ビアンキライトニンググリップ
Japanese Police
Victory Show
A postscript of Stansfield`s revolver
Stansfield`s Revolver nearly finished
同じカテゴリー(Toygun)の記事
 My gun's memory ~COLT PYTHON STAINLESSと『ペインテッド・デザート』 (2018-04-28 13:22)
 ビアンキライトニンググリップ (2018-04-15 16:25)
 Japanese Police (2014-05-01 16:19)
 Victory Show (2014-03-31 19:44)
 A postscript of Stansfield`s revolver (2014-03-22 22:49)
 Stansfield`s Revolver nearly finished (2014-03-02 18:13)

2018年02月09日 Posted by アリ  at 12:41 │Comments(0)Toygun

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。